歯科衛生士の国家試験について

国家資格である歯科衛生士の免許をえるための国家試験は、厚生労働局医政局の監修のもとに行われます。受験資格は、文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業または卒業見込みの者、都道府県の知事の指定した養成所を卒業または卒業見込みのもの、外国の同じ系統の学校を卒業または、この免許を所有のもので、厚生大臣が、受験を認めたものとなっています。試験日は、例年3月上旬の日曜日で、合格発表は、例年3月下旬です。合格木銃は、合格後に掲示され、全科目あわせて、60%以上正答しないと合格する事はできません。平成19年度で、合格率は96%でした。

歯医者選びは衛生士も重要

歯医者というと虫歯や歯周病などの治療を行う医療機関だという認識のある方が多いと思います。従って、歯医者を選ぶ時のポイントとして、できるだけ上手で痛くない治療をしてくれる歯科医師のいる歯医者が自然に人気が出たりします。もちろん歯医者の中心にですから医師がしっかりしている事は最重要項目ともいえますが、それと同等に近いくらい重要な存在が歯科衛生士の実力になります。もちろん衛生士の人も資格を持っている人が歯のクリーニングや歯磨きの指導などをしてくれますが、主に予防的な効果のある役割に関してはプロであるべき立場です。良い歯医者の選び方は、医師の実力だけで選ぶのではなく、スタッフ全員のスキルや対応力を評価して選択すると信頼のできる歯医者に巡り合える事になります。

↑PAGE TOP