歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには、高校を卒業後、厚生労働省や文部科学省が認定する専門学校や短大や大学などの養成機関で、必要な知識や技術を身に着ける必要があります。養成機関の修業期限は以前は2年以上と定められていましたが、平成17年4月1日より3年以上となり、今に至っています。養成機関で必要な知識や技術を習得してはじめて、国家試験を受けることができます。養成機関卒業後の国家試験合格率は高いので、学校でしっかりと勉強すれば合格できると考えてよいでしょう。高齢化社会になり、歯科衛生士の需要はますます高まっています。患者さんと直接触れ合いながら、歯の健康を支えていくことができる大切な仕事です。

衛生士の存在意義とは

歯科クリニックというと、歯医者による虫歯治療を思い浮かべるのが一般的でしょう。多くの人がクリニックは対処療法的にとらえている証拠と言えます。しかしクリニックは対処療法だけでなく、予防医学にも積極的なのです。クリニックには必ず歯科衛生士が存在します。単に歯医者のサポートをするだけでなく、予防医学に貢献する立場をとっています。衛生士は歯のクリーニングの他、フッ素添付や歯ブラシの指導なども行ってくれます。こうした指導を受けていれば虫歯や歯周病リスクが軽減し、いつまでも健康な歯を維持できるようになるのです。

↑PAGE TOP