意外と知られていない歯科衛生士

大部分の歯科医院が衛生士を置いていますが、医師の治療に立ち会って指示を受けながら用具の受け渡しなどの補助的な業務を目にする場面が多いので、その他にも色々な役割があることが知られていません。衛生士の主な役割には、虫歯や歯周病を予防するために器具を使って歯石を取り除いたりフッ素を塗ることや口腔内を清潔に保つために正しい歯磨きなどを含む保健指導などを行うほか、歯科医師とともに地域に出かけて訪問指導を行ったりもします。また、地域の保健センターや老人保健施設に所属して健康の維持に大切な歯の重要性について啓発活動を実施している人もいます。

衛生士の業務と資格について

歯科衛生士とは主に医院などで虫歯や歯周病にならないための「予防処置」、磨き方や時には食事指導、唾液を出すためや正しく噛めるためのお口の運動を指導する「保健指導」、治療のためにドクターのサポートをする「診療補助」などの歯科医療業務を行う専門職の事です。助手との一番の違いは資格の有無により「患者のお口の中を触ることができる」ところです。衛生士には医療行為が行えることで医療人としての義務があり、同時に地位も保証されています。この仕事には国家資格が必要です。習得には厚生労働省指定のスクールを卒業し、国家試験に合格する必要があります。女性に適した職業ですが、男性でも資格を取ることができます。しかし現状ではまだ多くのスクールが女性限定なので男性には資格を取りづらいのが現状です。

↑PAGE TOP